ダイヤモンド買取を高く買取るには?

MENU

ダイヤモンド買取に有利なタイミングは?

ダイヤモンドを買取するのに、いつどのようなタイミングであれば、より高額で査定・買取してもらえるのでしょうか。

全国各地に多数のダイヤモンド買取店やジュエリー専門の買取店がありますが、数多い宝石の種類の中でもとりわけダイヤモンドは、買取市場でもニーズがきわめて高くなっています。

 

ダイヤモンドをあしらったネックレスやイヤリング、ブレスレットやピアス、ペンダント、リングなど、女性なら誰でもダイヤモンドに憧れるはず! 

 

買取業者では、ダイヤモンドの買取を強化している店舗も多く、中にはある一定の期間内であれば、通常よりも10~20%も高額で買取してもらえるところもあります。

最寄りに買取専門店がなくても、出張買取や宅配による査定・買取に対応が可能な店舗もたくさんありますので、まずはインターネットで検索してみて、買取強化キャンペーンが実施されている店舗を探してみると良いでしょう。

 

買取の実績と信頼性が高い店舗では、ダイヤモンドの査定・買取価格について、ウエブサイト上で公開されているところもあります。
買取に有利なタイミングをキャッチすることはもちろん、買取価格の相場を知っておくと良いでしょう。

 

ダイヤモンド買取の専門店を利用するメリットは?

ここでは、ダイヤモンドの買取専門店を利用するメリットについて考えてみたいと思います。
店舗に直接来店することができない場合にも、お店によっては出張での買取や宅配による買取などのサービスが実施されています。
全国各地どこに住んでいても、インターネットでお気に入りの店舗を選ぶことができます。

 

ダイヤモンドの品物は、とくに買取市場では全国的にニーズが高くなっているので、売りたいと思った時にいつでも売却できます。店舗によっては、ある一定期間内に買取をお申込みいただくと、通常よりも査定・買取額がアップされる可能性もあります。

 

査定については、経験豊富なプロの鑑定士が、お客様の品物を細かくチェックしており、多くのお店で無料サービスにて実施されています。

今すぐ品物を売りに出したい場合はもちろん、今すぐに売却する気はないがまずは価格相場を知っておきたい、他店とじっくり比較してから買取してほしい人にもおすすめです。

 

もうひとつ、ダイヤモンド買取店を利用するメリットをあげると、品物を買取してもらってからスピーディーに入金されるので、すぐに換金を希望している人にとっては有利ですね。

 

ダイヤモンドの高額買取の秘訣は?

これまで愛用してきたダイヤモンドジュエリーを買取店に出して査定してもらうのに、より高額で買取されるための秘訣はあるのでしょうかる
ここでは、高額買取のための方法として、4つのポイントに分けてご紹介したいと思います。

 

その1
ダイヤモンドを購入したときの鑑定書や袋、箱などの付属品があれば査定を依頼する時に一緒に出しておくことです。

宅配による査定・買取をご希望の場合は、専用の宅配キットに同梱しましょう。

 

その2
ダイヤモンド以外にも買取を希望する品物をお持ちであれば、合わせて査定を依頼すると良いでしょう。

とくに宅配での査定・買取では、運送コストなどの関係もありますので、その都度、単品でお申込みいただくよりも、まとめて査定を依頼したほうが査定額がアップする可能性大!ですね。

 

その3
お手持ちの品物について、これから先はもう使うことがないと思ったら、できるだけ早めに買取してもらうことです。

 

その4
査定を依頼する前には、品質状態を良くしておくための努力が必要ですね。汚れを落としてキレイな状態であれば、高額買取に希望が持てます。

ダイヤモンド買取実績で選ぶ

お手持ちのダイヤモンドの品物をどの買取専門店で売却すればいいのか、迷うこともあるようです。
お近くに、ジュエリー専門の買取店があれば直接ご来店しても良いですが、お店の看板を見ただけでは、どのようなジュエリーの買取に強いのか、どの程度の買取の実績があるのか、お店の信頼性など、どのような感じなのか、判断がつかないことと思います。

 

ほとんどの店舗でパソコンやスマホのウエブサイトがありますので、気になるタイヤモンド買取店があれば、参照しておくと良いでしょう。
買取専門店は、全国チェーン店や一部のエリアに特化した店舗、または地元密着型の店舗もあります。

 

買取店の規模の大小で選ぶのではなく、ダイヤモンドジュエリーの買取実績がどれぐらいあるのか、入念にチェックしましょう。
ネックレスやペンダント、指輪、ブレスレット、ピアス、ブローチなどジュエリーの種類によっても、買取価格には格差が生じています。

 

また、店舗ごとにどのような品物が買取価格が高くなっているのか、どのような品物のニーズが高いのか、買取市場の動向についても調べておくと良いですね。